任意売却の7つの流れとは?このステップで住宅ローン地獄から解放されよう!

2020年4月7日

競売に比べ自由度が高く、金銭面でも有利な任意売却。具体的にはどのな流れで手続きをするのでしょうか?

ここでは売却までの7つのステップを詳しく紹介します。

ステップ1:任意売却業者に相談

まずは任意売却の専門業者に相談します。

ご自身の希望を叶えてくれるな知識と経験を持つ業者を選ぶためにいくつかの業者に相談するといいでしょう。

ステップ2:不動産価格の査定

業者が決まったら不動産価格の査定をします。なるべく高額でかつ短期間で買い手がつく金額で売り出すための大事な査定となります。

ステップ3:債権者との話し合い

債権者や連帯保証人などの同意がないと任意売却ができません。交渉力のある任意売却業者を選ぶことも大切です。

ステップ4:販売活動

価格・期間など希望に合わせて販売活動を行います。

ステップ5:売買契約成立

買い主が決定したら不動産売買契約を結びます。

ステップ6:引っ越し

不動産を引き渡すために引っ越しをします。販売活動をしながら引っ越し先も探すといいでしょう。

ステップ7:任意売却を完了して新生活スタート

売買契約が締結されたら1か月以内に決済をします。引き渡しをし、抵当権や差し押さえを抹消し任意売却が完了します。

新しい生活のスタートです。

Posted by eda01