任意売却と競売の4つの違いを解説!理解してからどちらを選ぶか決めよう!

任意売却と競売の違いとは?わかりやすく徹底解説!

まず、任意売却とは住宅ローンの返済中でも債権者(お金を貸している人=銀行など金融機関)の同意があれば不動産を売ることができるしくみです。

通常の売却に近い金額で物件を売れるなどメリットが大きいため注目されていますが、抵当権(担保)を外す必要があるため専門の知識が必要です。

次に、競売とは住宅ローンの返済が滞った際、債権者が裁判所に申し立てをすることで強制的に不動産を売却する手続きのことです。

売却したお金をローンの返済にあてます。安い価格で売却されることも多く、返済しきれない場合は借金が残ります。

どちらを選ぶべき?任意売却と競売の”4つの違い”

任意売却も競売も不動産を売却するという点では同じですが、大きな違いもあります。

そこでここでは任意売却と競売の異なる4点を詳しく解説します。

どちらを選ぶかで不動産売却後の生活が大きく変わるかもしれません。

違いをしっかりと知った上でご自身の都合に合わせて選択するといいでしょう。

任意売却と競売の4つの違い

違い①:売却価格
違い②:プライバシー
違い③:住み続けられるか?
違い④:手間はかかるか?

違い①:売却価格の違いを解説

任意売却の場合は市場価格に近い価格、競売の場合は市場価格の6~7割の価格で売却されることが多いです。

売却価格の面では任意売却の方が良いですね。

違い②:プライバシーの違いを解説

任意売却の場合はプライバシーが守られますが、競売の場合は情報が新聞やインターネット上にも公開されてしまいます。

プライバシーを守りたいなら任意売却が良いでしょう。

違い③:住み続けられるかどうかの違いを解説

任意売却の場合は親類や投資家に買い取ってもらったり、リースバックという形をとったりすることで住み続けることも可能です。

競売の場合は立ち退きが必要になります。

そのまま住み続けたいという希望があるならば任意売却がおすすめです。

違い④:手間のかかり方の違いを解説

任意売却の場合は債権者との調整に時間がかかることがありますが、競売は全ての手続きを債権者が行うので手間がかかりません。

手間の面では競売の方が楽に手続きができます。

Posted by eda01